"); //-->
タグクラウド

2007年09月10日

最高の韓服着こなしを誇る史劇女王 Best 6《動画》

【ファン・ジニ】つながりで ―



最高の韓服着こなしを誇る史劇女王 Best 6
[YTNStar 2007-09-06 15:44:44]

第6位 ワン・ビナ
第5位 ユン・ウネ
第4位 ホン・スヒョン
第3位 ク・へソン
第2位 ハ・ジウォン
第1位 ソン・ヘギョ

甲乙付けがたいですね^^
 
posted by sakae at 01:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年09月07日

ハ・ジウォン、〔放送大賞 今年のタレント〕賞受賞!

ドラマ【ファン・ジニ】の評価の高さをあらためて感じます。

ハ・ジウォン、〔放送大賞 今年のタレント〕賞受賞「賞を無駄にしないようにします」

jiwon070907.jpg

ハ・ジウォンが、韓国放送協会が選定した‘今年のタレント’になった。

ハ・ジウォンは、7日午後 4時ソウル汝矣島 KBSホールで開かれた‘第34回韓国放送大賞授賞式’で、KBS ドラマ【ファン・ジニ】での熱演で今年の放送人タレント部門に選定された。

「【ファン・ジニ】の視聴者のみなさんにとても感謝します」という言葉とともに、スタッフと共演した俳優たちに花を持たせたハ・ジウォンは、「この賞が無駄ではないように、いつもがんばる俳優ハ・ジウォンになります」と言った。

ハ・ジウォンは、2006年人気のうちに終映したドラマ【ファン・ジニ】で主役を演じて好評を博し、‘2006 KBS 演技大賞’で大賞をつかんだことがある。



韓国放送協会は、7月9日から19日まで江原道雪岳パークホテルで非公開で審査をして、作品賞で大賞3篇と各部門別(22部門)受賞作 26篇を選定した。また今年の放送賞26人を受賞者に選定した。

ジウォンさんの次の作品が待たれます。
 
posted by sakae at 18:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年06月06日

ソン・ヘギョ、「ハ・ジウォンさんが試写会に来てくれたことが一番嬉しい」 ― 映画【ファン・ジニ】本日公開

映画【ファン・ジニ】が、いよいよ本日韓国で封切られます。先日の試写会にジウォンさんも参加されましたが、それについてヘギョさんがとても喜んだという話題です。

ソン・ヘギョ、「ハ・ジウォンさんが試写会に来てくれたことが一番嬉しくて」

hegyo070606.jpg

ソン・ヘギョ、ドラマ【ファン・ジニ】の主人公ハ・ジウォン参加に喜びをあらわす

映 画【ファン・ジニ】の主人公ソン・ヘギョが、最近一番嬉しかった事は 「ドラマ【ファン・ジニ】の主人公ハ・ジウォンさんが映画を見に来てくれたことだった」と明らかにした。

映画【ファン・ジニ】のヒロインであるソン・ヘギョは、4日竜山 cgv の近くでノーカットニュースと持ったインタビューで、「最近一番楽しかったできごとは何ですか」という質問に、「ハ・ジウォンさんが映画を観に、劇場を尋ねてくれたことがまさにそれです」と言い、そのときの驚きと喜びをあらわした。

これまで話題にのぼり成功したドラマ【ファン・ジニ】の主人公ハ・ジウォンと、制作費100億の大作映画【ファン・ジニ】のソン・ヘギョを比べることが多かったが、ハ・ジウォンが直接映画【ファン・ジニ】を観に去る 5月 31日劇場を尋ねた。

ソン・ヘギョは、ハ・ジウォンが試写会に参加して、「本当にとてもびっくりした」「 試写会で舞台あいさつをする際、遠く座席にハ・ジウォンさんが見えました。私が招待したのでもなく、親しみがあったユ・ジテさんも電話番号を忘れて招待す ることができなかったとおっしゃって、誰が招待したのか分からなくても喜んで来てくださったということで、とても驚き本当に感謝いたします」と語った。

ソン・ヘギョはつづいて、「俳優、特に女優間には妙な競争心があって、相手の作品を観に来るというのは、そんなに簡単ではありません」「もし私がハ・ジウォンさん立場なら、果してあのようにできるかとふと考えてみると、私はできなかっただろうと思います。だからこそ人々が、‘ハ・ジウォン’という話題を出すのだと思いました」と付け加えた。

ソン・ヘギョは、試写会がおわってすぐに先輩のソン・ユナに連絡先を聞いて、ハ・ジウォンに電話をかけ、「 “来てくださって本当にありがとうございます”と伝えました」と語った。ハ・ジウォンは、「映画をとてもよく観ました。良い結果が出ますように」と肯定的に応じたと。

一方ソン・ヘギョは、映画【ファン・ジニ】について、「ファン・ジニに対する人々の解釈はそれぞれで、本人たちが作ったファン・ジニの固定観念に、自らを閉じこめているようです」「私たちの映画【ファン・ジニ】の姿を、楽に新しい人物として観てくれたなら良いでしょう」と明らかにした。

女性を主人公とする映画の試金石とも観られているそうです。ほかの記事に、イェジンさんの【ナンナンクラブ】の話題がでていたのですが、中止ではなく休止なのでしょうか。再開されるのなら、うれしいんですけど…。
 
posted by sakae at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年05月24日

《動画》‘ソン・ヘギョの【ファンジニ】はこんなに違っている’ ― 映画試写会&記者会見



関連記事がたくさんアップされていますが、動画つきということでこちらを ―

《動画》ソン・ヘギョの【ファンジニ】はこんなに違っている


ソン・ヘギョが映画【ファン・ジニ】(監督チャン・ユンヒョン、制作シネ2000、シーズエンタテイメント)に帰って来ました。ソン・ヘギョは「派手な妓生や芸能人ファン・ジニではない、人間ファン・ジニを描こうと努力しました」と明らかにしました。

23日午後ソウル鐘路ソウル劇場で開かれた【ファン・ジニ】試写会及び記者会見でソン・ヘギョは、「初めての史劇なので、最初せりふがとても大変でした」「学生のように学ぶ姿勢で撮影に臨みました」と伝えました。

以前と違って声のトーンが重く強く聞こえるという指摘に、「瞬間瞬間の感じをいかそうと思いました。意図的に声を強くしようと思ったのではなくて、自然にそのようになったようです」と応えました。

ファン・ジニだけを見守る‘ノミ'役を引き受けたユ・ジテは、「映画の中の 'ノミ'は、女性なら一度抱かれてみたい男」と言いながら、「助演冥利(?)という言葉があるが、とても満足した作品」と言いました。

来る 6月 6日封切り予定である【ファン・ジニ】は、人間ファン・ジニの生と愛の話を描いた映画で、強烈な女性として変身したソン・ヘギョの新しい姿を見ることのできる映画です。

試写会後の記事のなかには、‘ソン・ヘギョの孤高 vs ハ・ジウォンの熱情’とか、‘たおやかなソン・ヘギョ vs セクシーなハ・ジウォン’といった、ドラマと映画を比較するものも結構あります。

たしかにドラマと映画、二つのファン・ジニを観比べる楽しさはありますね。
 
posted by sakae at 23:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年05月18日

‘ファン・ジニはカミーユ・クローデル?’ ― ソン・ヘギョ『VOGUE Korea』表紙モデル

朝鮮日報》等でも取り上げられていますが、こちらの記事におもしろい記述がありました。

ソン・ヘギョ、『VOGUE Korea』の表紙モデルが話題!

hegyo070518.jpg

撮影が本格的に始まる前に、スタッフ全員が集まってコンセプト会議をした際、ソン・ヘギョはパウロ・ロベール氏に「あなたの演じたファン・ジニはどんな女性だったのですか」という質問を受けた。

この質問にソン・ヘギョは、妓生という職業を日本の芸者と同じだろう位にしか理解していないフランスのファッション専門家たちを相手に、撮影中終始誠実に説明した。

そして撮影を終えた後、彼女と記念写真を撮ったパウロ氏は、撮影場を離れてソン・ヘギョに、「あなたが演じたファン・ジニという女性はきっと、カミーユ・クローデルやヴァージニア・ウルフのような女性なのでしょう」と語った。

カミーユ・クローデルやウルフがでるというのは、いかにも西欧人らしいですね。

韓国でファッション・バイブルと呼ばれる『VOGUE Korea 6月号』に、韓国人俳優としてはじめて表紙を飾り、しかも18ページにわたる写真集のなかでは美しい韓服も披露されるとか。

映画【ファン・ジニ】にとっては非常に大きな宣伝です。撮影現場スケッチも、オリーブチャンネルを通じて放送になる予定のようで、この映画にかける意気込みが伝わってきます。
 
posted by sakae at 21:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年05月09日

映画【ファン・ジニ】メイン予告編公開

 


韓国映画として初めて、北朝鮮金鋼山の冬の秘境が公開されたということです。予告編の最後の場面がそれにあたります。

スケールの大きさが感じ取れます。
 


posted by sakae at 01:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年05月02日

‘私は世間が、滑稽だ’ ― 映画【ファン・ジニ】メインポスター公開

なんと力強い視線でしょうか。

hegyo07050201.jpg

黄真伊(ファン・ジニ)とノミ、そしてヒヨルの姿が、一緒に収められたメインポスター1案は、華やかな衣装で「私は世間が、滑稽だ」のキャッチコピーとともに世間に向けた嘲弄の視線が演出されている。

黄真伊(ソン・ヘギョ)との愛を守るために時代に対立したノミ(ユ・ジテ)の悲壮、そして偽善の時代を代弁するヒヨル(リュ・スンリョン)のカリスマが表れ、映画『黄真伊』の緊張感あふれるドラマチックなイメージを表現している。

また黄真伊の官能的な視線とノミの切なさが収められたメインポスター2案は、すべての男から愛されたが奴婢ノミを選択して時代と対立した黄真伊と、そんな黄真伊のために生きた男ノミの隠されたドラマを演出して、映画の感動を伝えている。
innolife.net》より

hegyo07050202.jpg

ドラマとの差別化がこのポスターによくあらわれていますね。
 
posted by sakae at 00:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年04月06日

‘ファン・ジニ’ハ・ジウォン 5月日本初ファンミーティング

ファンの間では周知のことと思いますが、

‘ファン・ジニ’ハ・ジウォン 5月日本初ファンミーティング

jiwon070406.jpg

韓流スターハ・ジウォンが日本ファンと初の公式ミーティングを持つ。

ハ・ジウォンは来る 5月26日日本東京中野サンプラザホールで初のファンミーティングを通じて、日本のファン2000人余りと会う。この日、ハ・ジウォンはファンミーティングに参加したファン 2,200人のひとりひとりと握手を交わす予定だ。

ハ・ジウォンは、ドラマ【バリでの出来事】【チェオクの剣】【ファン・ジニ】などで、日本のファンの人数も相当数に上る。日本国内に自然発生的に生まれたハ・ジウォンのファンクラブもかなりの数に達するという。

映画【1番街の奇蹟】の日本上映と、ドラマ【ファン・ジニ】のお茶の間上陸を控えて開かれる今回のファンミーティングによって、ハ・ジウォンが日本国内での本格活動を開始するように見える。

所属会社側は、「ハ・ジウォンが日本のファンのために多様なイベントを準備の中だ」と語った。

ファンミーティングには参加できませんが、「日本国内での本格活動を開始」されるのなら、いいな!
 
日本ファンミーティング公式サイト
posted by sakae at 01:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年04月04日

映画【ファン・ジニ】予告編《動画》


期待が高まります。
posted by sakae at 02:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年03月26日

映画【ファンジニ】スチール公開

 
jiniHegyo07032601.jpg


韓国で6月6日封切りとなる、映画【ファンジニ】のスチールが公開になりました。

これまでのイメージからいかに脱皮できるかに注目が集まっているようです。
 
関連画像
posted by sakae at 21:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年03月21日

イム・スジョンとソン・ヘギョ、ふたりの共通点は? ― 韓国のダコタ・ファニング、キム・ユジュン

TBSドラマ【砂時計】、今週分はまだ視聴していませんが、子ども時代ははや中学生へとうつっているとか。もう少し、子役達の演技を観ていたかったなぁ^^

子役といえば、韓国でも大活躍なのはみなさんもご存知の通りですが、この子の演技も是非とも観たいです。

kakuzatou070321.jpg


韓国のダコタ・ファニングとも言われるキム・ユジョンちゃん。なんと、映画【ファンジニ】でヘギョさん演じるジニの子ども時代をやるそうです!

イム・スジョンとソン・ヘギョ、彼女たちの共通点は?それは'キム・ユジョン'より
最近は、子役の俳優たちも大人の俳優に劣らない人気スターだ。子役俳優たちのミニホームページが、ポータルサイト上位圏に入ったり、カフェーなどが開設されるなど子役俳優たちの人気はますます高くなっている。また過去に子役で登場した子役俳優たちは、もうスクリーンとブラウン管を縦横無尽に主役を演じている。中でも一番目立つ子役が 【怒ったペンギン】のキム・ユジョンだ。

韓国の芸能三人娘(トロイカ)に位置づけられる女優イム・スジョンとソン・ヘギョ。 美しい彼女たちの共通分母があるとすれば、それはまさにキム・ユジョンだ。キム・ユジョンは昨年は映画【角砂糖】でイム・スジョンの、ちょうど撮影を終えた映画【ファン・ジニ】ではソン・ヘギョの幼い時代を演技した。

それに子供スターとして出演した CM 《トロム》では、イ・ナヤンと共演してイ・ナヤン顔負けの愛くるしさという評価を受けた。まさに現代を代表する美貌の女優たちと呼吸を合わせたのだ。

今年 9歳になる小さな淑女キム・ユジョンは、これまでトロム、SKテレコムなど のCMスターからはじまって、映画【親切なクムジャさん】、【私の生涯で最も美しい一週間】、【角砂糖】など最高の監督、 俳優たちと作業した。最近終映した MBC ドラマ【お姉さん】では可愛い' ピンク'で登場して、お茶の間の視聴者たちの心まで捕らえた。

とっても可愛い子役スター、ユジョンにあえる今年の映画はペク・ユンシク、イ・ムンシク主演の 【怒ったペンギン】だ。…

撮影現場にいる時が一番幸せだという俳優の才あふれるキム・ユジョンは、大きい目と清々しいほほ笑み、年に似合わず演技に取り組むその真摯な姿勢に、撮影現場でペク・ユンシク、イ・ムンシク二人からとても可愛がられたと言う。

去る 2月【怒ったペンギン】撮影現場公開で、パク・ソンジュン監督が記者たちに、「ユジュンは韓国のダコタ・ファニング」と言うと「そんな話を何回も聞いたけれど、とてもうれしい」とにっこりと笑って言って、女優としての顔をのぞかせた。【怒っ たペンギン】の撮影で、真冬の撒水車まで登場して全身が凍りつくような寒い撮影でも、ユジュンは俳優としてプロらしい姿を見せた。大人でも我慢できない寒さに不平を言うこともせず、父親役で登場するイ・ムンシクとともに熱演を繰り広げて、現場スタッフと俳優たちは皆、9歳とは思えない集中力と演技力にあらためて驚いたという。

キム・ユジョンは韓国のダコタ・ファニングを越えて、カン・スヨン、キム・ミンジョンを引き継ぐ子役俳優出身女優となるのは間違いない。

韓国俳優陣は、こうしてその厚みを増していくのですね。
 
posted by sakae at 00:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年02月14日

‘妖艷ハ・ジウォン vs 清楚ソン・ヘギョ’ ― 二つの【ファン・ジニ】ポスター比較

映画【ファン・ジニ】のポスターがついに公開されました。こちらも息を飲むような美しさ!

hegyo0702141.jpg


さっそくドラマ版との比較記事がアップされていました。

二つの【ファン・ジニ】比較、妖艷ハ・ジウォン vs 清楚ソン・ヘギョ
ベールに包まれていた映画【ファン・ジニ】のポスターが公開され、関心が高まっている。

昨年ハ・ジウォンが主演したドラマ【ファン・ジニ】が多くの視聴者たちに愛され終映したが、ソン・ヘギョがタイトルロールを引き受けた映画【ファン・ジニ】ではファン・ジニのどんな魅力が披露されるか注目されている。さらに映画【ファン・ジニ】はこれまで一枚のスチールも公開されなくておらず、もっと知りたい気持ちにさせている。

‘ポスター’は映画の内容と雰囲気を推測させる。ドラマ【ファン・ジニ】のポスターは華麗であることで、最高の妓生になるファン・ジニの生を表現したのに対して、映画【ファン・ジニ】のポスターは無彩色で、女性であるファン・ジニの生を暗示している。

放送と前後して 6種類のポスターを公開して話題を集めたドラマ【ファン・ジニ】。特にハ・ジウォンの横顔を写したポスターは 、‘自分の生を超越して、世の中に向けて堂々と顔をあげることができる女性’というコンセプトの下、色っぽくて魅惑的な姿で話題を集めた。フランスで開かれ た映像プログラム博覧会【MIPCOM 2006】に紹介されたりした。

ドラマ【ファン・ジニ】は、妓生としてのファン・ジニより総合芸術家としてのファン・ジニに重点を置いて、舞踊・詩調(シジョ)・音楽・絵画に多芸多才な彼女の有様を集中的に描いた。

いっぽう映画【ファン・ジニ】のポスターは、カラーを排除して潤んだ瞳のソン・ヘギョの姿を撮った。ハ・ジウォンの‘派手な’ファン・ジニに慣れていた人々には、ちょっと狼狽するポスター。一部のネチズンはホラームービーみたいだという反応をしめした。

制作サイドは「‘16世紀に暮した 21世紀の女性、ファン・ジニ’というコピーの下、誰も知らないファン・ジニの隠されたドラマを暗示したものだ」と制作意図を明らかにした。

映画【ファン・ジニ】は松都、黄家の一人娘だが、奴婢との娘であることを知って妓生となるファン・ジニが、幼い時から自分を恋慕していた、家の下人の男と初夜を契り妓生となる内容を扱っている。ファン・ジニが妓生になるまでの過程とともに、初恋のノミとのラブストーリーがメインだ。

ソン・ヘギョの映画【ファン・ジニ】はクランクアップして、2007年上半期封切りの予定だ。

記事にもあるように、これまでベールに包まれていた分余計に関心は高まります。この作品に、ヘギョさんは全身全霊を傾けたという感じで、上半期注目度ナンバーワンの映画かもしれませんね。

hegyo0702142.jpg

 
posted by sakae at 22:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月31日

ドラマ【ファン・ジニ】早ければ年内放映! ― 【春のワルツ】以来 1年ぶりに韓国ドラマ NHKに輸出

やはりNHKで放映されるようです。

【ファン・ジニ】で韓流ふたたび

jini070131.jpg

ハ・ジウォン主演の KBS ドラマ【ファン・ジニ】が、日本に輸出され NHKで放送される。

KBS メディア サイドは、「ドラマ【ファン・ジニ】が、最近日本の NHKの版権業務を引き受けているMICO社に売れた。早ければ年内に日本の視聴者にお目見えするだろう」と 31日明らかにした。

国内ドラマが日本の公営放送 NHKに輸出されたのは、昨年の KBS ドラマ【春のワルツ】以来 1年ぶりのことだ。

NHK は3年前に衛星放送(NHK BS)で【春のワルツ】(毎週木曜日午後 11時)の版権契約を結んだ。【大長吟】(邦題:宮廷女官 チャングムの誓い/毎週金曜日午後 7時45分)のみを再放送しているだけで、 1年以上韓国ドラマを輸入しなかった。

NHKが【ファン・ジニ】に対して大きな関心を示している背景には、イ・ヨンエの【大長吟】と同様、最近は女性のサクセス・ストーリーが視聴者たちに支持されるだろうという期待がある。

日本の放送関係者たちは、「妓生という身分の限界を超えて総合芸術家として一世を風靡したファン・ジニの生き様は、日本人にとっても十分魅力のあるものだ。日本人たちがこれまで知ることのなかったこの新しいドラマは、韓国の伝統文化と一体となっているという点で、今日の韓流ブームを導いた【冬恋歌】(邦題:冬のソナタ)にも劣らない人気を生むことだろう」と評価した。

またハ・ジウォンは、去る 2004年 NHKで放映された【茶母】(邦題:チェオクの剣)などで、すでに日本にたくさんのファンをもち、日本の視聴者にとって馴染みのある俳優が主人公という点でも高視聴率が期待できる。

昨年中国、台湾、タイ、ベトナムの 4ヶ国と輸出契約を結んだ【ファン・ジニ】は、日本をはじめアジア10余ヵ国から放映権取得に関する問い合わせがきているという。

2006年 10月から 12月まで KBS 2TVで放映され、同時間帯視聴率 1位を維持した【ファン・ジニ】は、16世紀の朝鮮最高の銘妓であり時代の芸術の魂を持ったファン・ジニの、生と愛をテーマとしたドラマであり、新たに再現された韓服と伝統舞踊も話題にのぼった。

最初はやはりBSからでしょうが、関連書籍もいろいろでると思うのでそちらも楽しみです。
 
posted by sakae at 22:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月30日

映画【ファン・ジニ】は、韓国版『風と共に去りぬ』!?

まずはこの写真 ―

hegyo070130.jpg


おわかりですよね、これ“合成写真”です^^

ニュースにこんな写真が掲載されるくらい、この映画に関心が集まっているとも言えますが、2007年 6月封切りをめざして、28日にはいよいよ北朝鮮の金鋼山での撮影が開始されたようです。
ファン・ジニ(ソン・ヘギョ)が一人で金鋼山を登るシーンを撮影するために、企画段階から三度の事前踏査をおこなったくらい万全の準備でのぞんだ今回の撮影は、自然がプレゼンした最高の絶景と呼ばれる冬の金鋼山を背景に進行される。北朝鮮作家洪席中の原作とチャン・ユンヒョン監督の出会いで話題を集めたこの作品で、巨大な金鋼山の秘境をスクリーンで確認することができるということだけでも、今回の撮影は意味が大きいといえる。 《レビュー・スター》より

また、innolife さんにはこんな記事がアップされていました。

ソン・ヘギョは韓国のビビアン・リー?
映画『黄真伊』は、最近終映した人気ドラマ『黄真伊』とは区別化された作品で、映画プロモーションのために韓国版『風と共に去りぬ』の明確な主題でドラマとの差別点を伝えている。

ドラマとの“差別化”…かなり資金を投入しているようですから、当然独自の視点もかかせないのでしょうが、ドラマとの相乗効果の方をぼくは期待したいですね。

無論↑の写真のような“合成”ではこまります^^
 
posted by sakae at 23:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月27日

"'第2の大長吟"をめざして! ― ハ・ジウォン、【ファン・ジニ】でアジア・プロジェクト計画

これってオフって言えませんよねぇ^^

女優ハ・ジウォンがドラマ【ファン・ジニ】でアジア圏席捲へ

jiwon07012701.jpg

2007年上半期の作品活動を一切休止する予定のハ・ジウォンは、この期間にこれまでやってこなかったアジア圏へのプロモーション活動を開始する計画だ。

ハ・ ジウォン所属会社の関係者は、「これまで【バリでの出来事】【茶母】(邦題:チェオクの剣)などに関して、香港・台湾・中国・日本などアジア各国でハ・ジウォンによるプロモーションの要請があったが、韓国内の活動に重点を置いたため皆断ってきた。しかし今年は、ハ・ジウォンがアジア各国にプロモーションをする」と語った。

ハ・ジウォン所属会社の幹部は、最近台湾と日本を訪問し、現地の関係者たちと具体的な方法について協議をして帰国した。

ハ・ ジウォン サイドが今年アジア圏へのプロジェクトを本格化するのは、これまで各種のドラマで彼女の認知度が高まったばかりでなく、昨年放送されたドラマ【ファン・ジニ】に対する自信のあらわれだ。ハ・ジウォンサイドは、韓国の伝統美を伝えることのできる【ファン・ジニ】がアジア圏全域にブームを引き起こした【大長吟】(邦題:宮廷女官 チャングムの誓い)に匹敵する効果を生むことが出来ると考えている。

ハ・ジウォン サイドは、「まだ【ファン・ジニ】がアジア圏で放映が決まっていないのに、各国の期待はものすごく大きい。"'第2の大長吟"になることができると思う」と伝えた。

いよいよ海外に向けて本格始動です。楽しみ〜。
 
ワン・ビンナさん結婚のお祝いにやって来たジウォンさん
posted by sakae at 23:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月23日

ハ・ジウォン、もっときれいになった!

“主役”の話題も^^

【ファン・ジニ】ハ・ジウォン、いっそうきれいになった近況公開!

phajiwon070122.jpg

人気ドラマ【ファン・ジニ】でいにしえの端麗な美しさを見せてくれたタレント ハ・ジウォンが、いっそうきれいになったと評判の近況が公開された。

最近インターネットポータルサイトDaum及びオンライン上に、明るい笑顔とともに一段と柔らかくなったハ・ジウォンの画像が公開されて、注目を集めている。

白い衣服を素敵に着こなしたハ・ジウォンは、柔らかいほほ笑みをうかべゆったりとした明るい表情で、成熟した女性の美しさに輝いている。

ハ・ジウォンは去る 「2006 KBS 演技大賞」でドラマ【ファン・ジニ】の主役として栄誉の大賞を受賞し、また来る 2月封切り予定である映画【1番街の奇蹟】でボクサー役で熱演を繰り広けるなど、第2の全盛期を謳歌している。

からだを休めて、ゆっくり充電してほしいですね。
 

posted by sakae at 03:52 | Comment(3) | TrackBack(1) | 【ファン・ジニ】

ワン・ビッナとリュ・テズン、【ファン・ジニ】ポスター撮影で再び

そうです。ポスターどうなったでしょうと思っていました。

ワン・ビッナ-リュ・テズン‘ファン・ジニ’悪役カップル、ポスターでもう一度

pwhangr07012202.jpg

pwhangr07012201.jpg

KBS 2TV 【ファン・ジニ】の悪役カップルワングビッナとリュテズンがそれぞれ芙蓉と碧渓水に戻ってポスター撮影をした。

【ファン・ジニ】は去年 12月 28日最終回を放送した。すでに終わったドラマの演技者が、作品と係わる撮影をしたことは非常に異例なことだ。

16日午前 11時から午後 7時までソウル新沙洞 Jスタジオで行なわれたこの作業は、今後に開かれる KBS 2TV【ファン・ジニ】の韓流マーケティングのためのものだ。

現在ポスターは 27種まで計画されている。この日全部で 7カットの追加撮影をしたことで、これまでに公開できなかったポスター 27種が早いうちに完了する予定だ。

久しぶりに韓服を着てかつらをつけたワン・ビッナは、「ドラマがまだ終わらなかったようです。ドラマ撮影の時とはまた違った感じのかつらと衣装なので大好きでした。」と意欲を見せた。また 「ドラマが終わってからも撮影などさまざまな事をたくさんしていて、結婚をしたのかよく分からないくらいです。すこし休みたいのですが、新婚旅行の時に休むことができそうです」と語った。

リュ・テズンは 「ひげはまた付けないようだったが新しい感じだ。新鮮だ」と言った。

このポスターはこれから国内外の【ファン・ジニ】展示会でお目見えする。

相当力がはいっていますね。日本では、やはりあの放送局ということになるのでしょうか^^
 
posted by sakae at 03:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月05日

映画【ファン・ジニ】続報

新年韓国映画・ジャンル別期待作‘ベスト5’》にも数えられているチャン・ユンヒョン監督作品【ファン・ジニ】の関連記事がアップされていました。

チョン・ユミ、映画【ファン・ジニ】でソン・ヘギョと姉妹のような愛

hegyo070105.jpg

新人俳優チョン・ユミが、映画【ファン・ジニ】(監督チャン・ユンヒョン、制作シネ2000)に合流した。北朝鮮小説家フォン・ソンチョンの原作を映画化した【ファン・ジニ】はソン・ヘギョ、ユ・ジテ主演の期待作。

原作でファン・ジニ以上の美貌と描写された、ファン・ジニの小間使い‘イ・クミ’の役を引き受けたチョン・ユミは映画【ダンサーの純情】でキム・ギスとコミックカルなカップルを演じたことがある。

チョン・ユミの演じる‘イ・クミ’は、小説では両班(ヤンバン)家の娘だったが逆賊の罪で家が皆賎民に転落した非運の女性。もって生まれた美貌と温厚な性格で、ファン・ジニの愛と世話を受ける人物として描かれる。また両班の箱入り娘で、出生の秘密が分かって妓女になるファン・ジニと姉妹のような愛をかわす。

チョン・ユミは古典的な美貌の新人女優。大型史劇【ファン・ジニ】は約 70%の撮影を終えた。

ドラマとはまた違ったファン・ジニがみられそうですね。
 
posted by sakae at 23:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月03日

ハ・ジウォン“涙のKBS演技大賞”動画

コチラ》もWindows+IE以外では難しいと思いますが、必見です!
 
posted by sakae at 02:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2007年01月01日

ハ・ジウォン涙の大賞受賞!! ― 【ファン・ジニ】

みなさま、あけましておめでとうございます。
年末のご挨拶をさせていただくつもりでおりましたが、KBSドラマ・アワードを観始めたらぐいぐい引き込まれ、記事をアップできませんでした^^

でも、最後まで観た甲斐がありました。予測はしていましたが、最後の最後でやってくれました。ハ・ジウォンさん見事に大賞の栄冠に輝きました!

jiwon070101.jpg


この賞は私個人に与えられたのではなく、100日間一日を48時間で暮して来た同僚俳優たちとスタッフたちの代わりに受けるのです。【ファン・ジニ】を通じて学んだことは多く、もっと謙虚にならなければと思います。ファン・ジニとして生き、幸せで笑いそして泣きました。もっともっと努力する俳優になります。

涙、涙で語ったその姿は、感動的でした。

ジウォンさんは“ネチズン賞”と“ベストカップル賞”も受賞して、3冠王です。

またドラマ【ファン・ジニ】は、ユン・ソンチュさんが作家賞、チョン・ミソンさんとワン・ビナさんが助演女優賞、子役のシム・ウンギョンちゃんも青少年演技賞を受賞しました。

本当に素晴らしいです。おめでとうございます!
 
posted by sakae at 01:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月30日

【ファン・ジニ】終映パーティー

充足感が表情にあらわれています^^

jini06122901.jpg

jini06122903.jpg

jini06122902.jpg

韓国ドラマに新たな1ページをつけ加えたことは間違いありません。
 
posted by sakae at 03:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

【ファン・ジニ】スペシャル!

最終回前に、特番が組まれました。これで年末の受賞は決まりですね。
 
YouTube版
posted by sakae at 03:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

【ファン・ジニ】第24話(最終回)

『黄真伊』、自己最高視聴率で有終の美飾る
KBS2水木ドラマ『黄真伊』が自己最高視聴率を記録し、華麗なフィナーレを飾った。

視聴率調査会社TNSメディアリサーチの29日の発表によると、28日に放送された『黄真伊』の最終回が29.3%の視聴率(全国ベース)を記録した。これは、先月23日に記録した自己最高視聴率より2.6ポイント高い数値。

特に首都圏とソウル地域では、それぞれ30.8%と32.3%で、30%を上回る高視聴率をマークした。

本当にお疲れさまでした!
 
YouTube版
posted by sakae at 03:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

【ファン・ジニ】第23話

ハ・ジウォン「半年間“黄真伊”として生きられて幸せ」
ドラマ『黄真伊』をご愛顧くださったみなさんに、心から感謝申し上げます。初めてリハーサル室に入り、伝統舞の基本所作を習い始めた日から今日でちょうど半年になります。

実際に今日、最後の日を迎え、こうした気持ちになることは想像もつきませんでしたが、今この瞬間、涙があふれてきます。半年間、黄真伊として生き、たくさん笑ったり泣いたりしたように思います。本当の黄真伊に近付きたいという思いから、待ちに待って2年8カ月ぶりに取り組んだドラマです。とてもつらくて、倒れたり、注射を打ったりしながら撮影しましたが、それでもとても幸せでした。むしろ、今からもう監督や脚本家の先生、共演者・スタッフの皆さんが懐かしく思えるくらいです。

私たちは車の中で寝起きし、のり巻きが主食でしたが、私があいさつすると、いつも笑顔で明るく応えてくださったスタッフのみなさんに力付けられました。また、ご指導くださり、励ましてくださった先生方、共演者のみなさんにも、感謝の言葉を伝えたいと思います。

これから私、ハ・ジウォンも皆さんに女優として、さらに成長してお会いしたいです。
YouTube版
posted by sakae at 02:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月25日

早くも、【ファン・ジニ】Season 2 待望論

今週いよいよ最終回を迎える【ファン・ジニ】ですが、こんな声が上がっているそうです。

ハ・ジウォンの【ファン・ジニ】シーズン2 注文殺到
トップスター,ハ・ジウォン主演の KBS 2TV水・木ドラマ史劇【ファン・ジニ】(シナリオ:ユン・ソンジュ/演出:キム・チォルギュ)にシーズン2を作って欲しいという声が上がっている。

来る 28日 24回で終映となる【ファン・ジニ】のインターネットホームページ視聴者掲示板には、シーズン2が見たいという視聴者たちのメッセージが寄せられてきている。

歴史全体を扱ったものではなく、朝鮮時代の名妓であるファン・ジニという人物一人に焦点を合わせて内容が展開されたドラマに、シーズン2を要望する声が続くことは異例なことだ。50%に迫る視聴率を記録して人気をあつめている
MBC【朱蒙】にもシーズン2に対する要求があるが、このドラマは高句麗を建国した朱蒙以降の世代に照明をあてれば良いという点で違いがある。

ある視聴者は【ファン・ジニ】の視聴者掲示板を通じて、「ストーリーが完璧で良い」、「知足禅師と徐敬徳に関する詳しい話はシーズン2で扱ってほしい」と訴えた。

また他の視聴者は、「シーズン1がファン・ジニの芸能入門から愛の痛みまでを扱ったから、シーズン2はその痛みを乗り越えて、当代最高の芸能人として芸術とともに妓女としての派手なロビー能力など政治色を加味した中興期、シーズン3は後進を育てる末年のファン・ジニなどでシーズン制を取り入れた方が良いだろう。もちろんファン・ジニ役はハ・ジウォンがいいと思う」と望んでいる。

それだけこの作品の完成度が高いということですね。Season2の前に、来年公開される映画【ファン・ジニ】の方もますます楽しみになります^^
 
posted by sakae at 21:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月23日

【ファン・ジニ】第22話

徐敬徳のキャスティングが決まりましたね。

中堅俳優キム・チョンキョルさん。1944年生まれだそうですから、60代の方ですね。これまでに【SBS その夏の台風】【KBS 武人時代】【SBS 女人天下】等に出演されているようです。
 
YouTube版
posted by sakae at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月22日

【ファン・ジニ】第21話

来週には、ついに徐敬徳が登場するそうです!

【ファン・ジニ】の最後の男、徐敬徳がいよいよ姿を現わす。
KBS 2TV 水木ドラマ【ファン・ジニ】では、ファン・ジニ(ハ・ジウォン)とキム・ジョンファン(キム・ジェウォン)の哀切な愛が描かれた。

しかし23・24回のみを残した【ファン・ジニ】は、劇の終盤 2回に徐敬徳を登場させてファン・ジニのまた別の縁を作って行く。

まだ出演者は決まっていない。製作陣は認知度高い有名アクターをキャスティングする計画だ。

ある関係者は「徐敬徳が 23・24回(27、28日放送)で非常に比重をおいて扱われる」といい、「2回分だけだがファン・ジニの最後の男として劇の中心的な役目をはたす」と明らかにした。

徐敬徳はファン・ジニのエピソードで欠くことのできない人物だ。幾多の男たちを誘惑したファン・ジニが、心を奪うことができない唯一の君子として知られている。結局ファン・ジニは彼の弟子となって行く。徐敬徳はファン・ジニ、朴淵瀑布とともに松都三絶と呼ばれるほどの有名人だ。

どなたが演じるのか注目ですね。
 
YouTube版
posted by sakae at 20:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月15日

【ファン・ジニ】第20話

残すところあと4話ですね。
実際の撮影はそろそろ終わるのかな?
 
YouTube版
posted by sakae at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

【ファン・ジニ】第19話

ご紹介するだけで終わっています
来年のお楽しみにとっておきます^^
 
YouTube版
posted by sakae at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】

2006年12月09日

【ファン・ジニ】第18話

ただ今【宮(クン)】中毒で、アップが遅れました^^;
 
YouTube版
posted by sakae at 15:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【ファン・ジニ】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。