"); //-->
タグクラウド

2007年12月01日

“ubuntu 7.10”

少し前から、“ubuntu(ウブンツ/ウブントゥ)"を使い始めました。ウブンツ?という方のほうがまだ多いと思いますが、オープン・ソースOSのLinux(リナックス)ディストリビューションの一つです。

ますます??でしょうか。ぼく自身、よく分からぬまま使っているところもあるので、うまく説明できませんが、パソコンを動かす基盤となるOS(オペレーティング・システム)と様々なオープン・ソフトウェア群からなり、今や Windows や Mac と並ぶディスクトップ環境を実現しているといっていいと思います。

Linux はこれまでインストール自体がむずかしかったのですが、ubuntuは1枚のCDを入れるだけでいとも簡単にできたのには驚きでした。

とはいっても、OSってなに?という方にはまだおすすめできません。アメリカでは、すでに ubuntu を初めから組み込んだパソコンが低価格で発売され、人気を集めているようです。

日本では、他国に比べて普及が遅れているそうですが、もっと広がって欲しいなぁと思います。

詳しくは、ネットや関連書籍にあたっていただくとして、今回は ubuntu の意味について ー

Ubuntu: An African Word for Humanity

Ubuntu is an African word that has been rendered several ways. Coming from Zulu, the word literally means "humaneness." It is most commonly used in the context of the following Zulu maxim: "umuntu ngumuntu ngabantu", "a person is a person through other persons."

This saying itself has been paraphrased in many ways. A few are:

* "A person is a person because of other persons."
* "I am what I am because of what we all are."
* "the belief in a universal bond of sharing that connects all humanity."

“humanity to others(他者への思いやり)”を意味するアフリカの言葉のようです。そして↓が ubuntu のマーク。

ubuntuMarkColorBig.gif


人の輪(和)がシンボライズされています。

ちょっと古くなって、部屋の片隅に追いやられているパソコンに ubuntu を入れてみるとおもしろいと思います。実際にインストールしなくても ubuntu を体験できます。




 
タグ:ubuntu
posted by sakae at 03:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
ubuntu(ウブンツ/ウブントゥ)??
今朝はsakaeさんの記事をスクロールする間もない時分に、この言葉がおまじないのように入ってきました。
PC自体も節約?して使っているという職場の環境。 そして、sakaeさんやsakaeさんのファンのみなさまより、PCの事全般についてはそのイロハも怪しいわたしです。 お話のubuntu(ウブンツ/ウブントゥ)がとても優れものであるということから、頭をほぐしてお勉強(になるでしょうか)させていただこうと思います。

ご紹介のサイトを拝見すると、マンデラ大統領が(もし間違っていたら、申し訳ありません^^;)。
かなり前にアパルトヘイト政策後のことを描いた【遠い夜明け】という映画を観ましたが、その時にまだ大統領ではないマンデラさんを知ることとなりました。

アフリカにPCといえば、少し前に甘利経済産業大臣がレアメタル外交に飛んでいらっしゃったニュースも思い出します。

ubuntu(ウブンツ/ウブントゥ)。 思いやりだったり共生だったりということ(後で辞書を首っ引きです^^;)?が素敵です。 
当たり前のことでも実践しているかしらというとなかなか…この手をつなぐ温かなマークがまた素敵です。 嬉しいデザインです。

こうして曲がりなりにも身近にあるPC。
活用には程遠いかと思いますが、ソフトのお話からわずかでも知識?を得て、こちらのマークのような気持ちを忘れずに日々を送れたらと思います。(長くなってしまい、申し訳ありません。)
Posted by vita888 at 2007年12月01日 08:12
私の中にも新風到来!?の記事です。

職場ではWindows一辺倒、お家でちょっぴりMacも...との環境にそういえばなぁ〜、とちょっぴり見覚えのあるようなないようなubuntu。おかげで、しっかり頭にインプットされました。

アフリカの言葉からの命名に社会学を思わせるスピリットをその中に充分に感じることが出来ました。私の勝手な感想ですが、情報科学と社会学の融合を感じます。まさに、open societyの実現に向けてのアプローチ、そこに向けて大切なことに注目してをシンボルマークに、でしょうか。

では、具体的に、WindowsやMacとどこが違うのかしら?使い勝手はいかが?私にも使えるかしら?などなど、見たい知りたいやってみたいでいっぱいの私。あちらこちら見て回っていたらちょっと(いや、とっても...)難しそう。
ただいま、頭の中は?マークでいっぱいです。
Posted by saki at 2007年12月02日 03:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。