"); //-->
タグクラウド

2007年10月03日

【イサン】イ・ソジン & ハン・ジミン、胸裂ける劇的再会

1週間ほどバタバタしておりました^^; これからもちょっと不定期になるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

【イサン】イ・ソジン & ハン・ジミン、胸裂ける劇的再会

jimin07100301.jpg

大人の配役陣の登場で、本格的な展開に拍車をかけた MBC 創社 46周年特別企画【イサン】(シナリオ=キム・イヨン/演出=イ・ビョンフン、キム・グンホン)が、今度はサンとソンヨンの胸の裂けるような劇的な再会を描き出して、視聴者たちの心をとりこにした。

2日に放送された 6回では、昌徳宮訓練所で初めて出会い運命的な縁を結ぶが、約束をせぬまま別れなければならなかったサン(イ・ソジン)とソンヨン(ハン・ジミン)の、互いに向けた純愛的な切ない心と、にもかかわらず劇的再会を控えてサンがソンヨンだとわからずに、切なく行き違う葛藤関係を描いた。

初めて出会ってから、正祖を胸に秘めて暮し、10年近く図書所で茶母(タモ)として働きながら、宮廷勤務を夢見て来たソンヨン。しかし図書所の物品を盗んだという、いわれのない濡れ衣を着せられ窮地に追い 込まれるが、パク・ヨンムン(シン・グクプン)の助けで危機を兔れるだけでなく、生まれついた絵の実力が認められて、サンと対面できる機会を得る。

しかし歳月の流れが長かったせいだろう、サンは無情にもソンヨンに気づかない。このことだけでも切ない。長年待ちつづけたサンと向い合ったソンヨンの眼差しは震え、感動で一杯だったが、結局自分に気づかないサンに、どうしてと言葉にあらわせないもどかしさまで感じられるほどだった。

劇的反転は、放送の最後におこった。ソンヨンが清使臣団のそば仕えを強要される危機に瀕すると、見るに耐えなくなったサンがこれを阻止して救いに出た。対外的には清との関係も無視することができないはずであり、とても劇的な救援だった。

放送を見た視聴者たちは、「ソンヨンを思うと、胸が塞がれる回だった」と口をそろえ、「早い展開と主人公たちの愛情構図が興味津々だった」と、所感を残した。また「来週まで待ちきれない」という類の愛情のこもった叫びが、視聴者掲示板をいっぱい満たして注目された。

一方、この日放送に出た予告篇には、サンが幼い時代の思い出をそっくりそのままとじこめたソンヨンの絵を見た後、絵の出処を尋ねる場面が電波にのり劇的緊張感を最高潮に高めた。切なさを残した二人の再会が、もう一度果たされる瞬間、どんな感動を呼び起こすか視聴者たちの期待はさらに膨らむ。

jimin07100302.jpg

視聴率も確実にアップしているようです。いつか、この作品も日本で放映されるといいなぁ。
 
posted by sakae at 23:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ
この記事へのコメント
sakaeさんの一週間ほどのご無沙汰?を労うに相応しい【イサン】のお話ですね。

ご紹介していただいた回のお話は、本当に胸がいっぱいになりそうな様子が、記事をとおして伝わってきます。
ふたりの運命的な再会を果たしたシーンがこうして登場することで、これからの展開にも弾みがつきそうな予感がします。
小さな頃の思い出のひとコマを載せていただく辺り、何とも心にくいsakaeさんの演出ですね。

とてもお忙しい中に、こうして細やかに翻訳していただき、本当にありがとうございます。
おかげさまで、【イサン】の世界に入り込んでしまいました^^
視聴率もジワリとアップしてきて、本当にこちらでも放送されますように!と願います。

記事のアップは不定期といえども、より魅力溢れるお話が紹介していただけるものと楽しみにしております♪
Posted by vita88 at 2007年10月04日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58692662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。